法人理念

お問い合わせ

六ツ川地域ケアプラザでは個人情報の保護について下記のように取り組んでいます。

六ツ川地域ケアプラザ外観等

法人理念について

 施設を社会資源のひとつと捉え、地域に根を張り、持てる機能の全てを地域に展開し、高齢者・障害者のみならず地域の人々の生活支援に生かす。24時間・365日安心の拠点となり、その存在価値を常に問い続けてゆく。

運営方針

1)利用者へのサービスは、安全性・選択性・継続性・介護予防支援を中心にニーズに即して行います。
2)施設の設備・環境整備に心がけ、業務上の事故防止に対する計画・実行を行い安全管理に努めます。
3)緊急時における特別避難場所としての体制を整え、要支援者の安否確認、訓練等の実施を行う。
4)稼働率を高め、安定した経営・健全な運営を行います。

事業目標

1)ケアプラザの利用促進への取り組みを行います。(地域の方々気楽に利用、相談の場所として立ち寄れる福祉・保健の拠点としての機能・活用を行います)
2)南区地域福祉保健計画『地区別目標』に添い各地域の方々と協働して、ネットワークの構築・情報の共有、共に支え合い、安心して暮らせる町づくりに取り組みます。

法人の取り組み(経営姿勢)

1)ガバナンス機能の充実(連携)
2)アカンタビリティ体制(説明責任)
3)コンプライアンスの徹底(法令遵守)
さまざまな事業活動を行うにあたり、社会一般の求められる『ルール』や『モラル』を逸脱しない、常に自らを律する組織とする。

利用者に対する姿勢

1)利用者の権利擁護(差別・抑圧・排除・暴力・虐待等から利用者を守る事、また拘束の禁止)
2)苦情対応については、実効性のある体制を整備し、積極的活動を促す。
3)利用者の個人情報保護に関する意識の徹底、プライバシーの保護を図る。
4)利用者の利益を最優先した業務を逐行する。

職員に対する姿勢は

適切な職員処遇
・職場環境を整え、適切な人材を確保・育成・公正な労務管理の実施・合理的な人件費配分を行う。
・サービスを支える職員が、自らの能力を最大限に伸ばし、仕事に将来の夢や希望を託せるように長期的視点に立って職員育成を実施する。

ページのトップへ戻る